2005年10月04日

「酵母ナンバー」


 アサヒビールから数量限定で発売された「酵母ナンバー」買ってみました。

     koubonannba-.jpg

原料は麦とホップだけ。酵母の違いによってビールの味はどう変わるのか。



各酵母の特徴はHPでご覧ください

どのナンバーも色や香りはほとんど変わりません。僕としてはもう少しそれぞれ違うものと期待してたんですが。

飲む前にはそれぞれの違いを皆さんにご報告、
と思ってたんですが忘れました(爆)。
一人で4本も飲めばそこそこ酔うし。

なんとなく残ってる記憶をたどると

318と787はスーパードライなどに通ずるちょっととんがった味。
920と111はスムーズで僕好みの味でした。

もちろんそれぞれ味の違いははっきり有るんですよ。
いわゆる「利き酒」みたいな飲み方すれば多少はコメントできるんでしょうが一本飲んで次、ではそんなコメントできません。

気になる方、飲んでみて誰かコメントしてください(笑)。
posted by かわちゃん at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。