2005年10月22日

奥播磨(下村酒造)

スキーやキャンプに行くときに通り過ぎる古い街道。
何度も通ったはずやのに最近軒先に杉玉がさがった造り酒屋があることに気が付いた。

      image/gsouko-2005-10-22T09:14:06-1.jpg

ネットでしらべてみると全国新酒鑑評会で4年連続で金賞を受けた「下村酒造」らしい。

暖簾をくぐると左に酒瓶がレイアウト、右にカウンター、その奥に大型冷蔵庫がある。店頭に並んでる酒瓶はサンプルで商品は全部冷蔵庫にしまってあるようです。最近、生酒は冷蔵する店が増えたけど全商品冷蔵してるというのは酒に対する気遣いが感じられますね。

まだどんな酒だかわからないのでとりあえず手ごろな値段の720ml壜を2種類チョイス。

「純米生酒 袋しぼり仕込第二十九號」と「山廃純米 夢錦55 ひやおろし 生」


      okuharima.jpg
             袋しぼりはもう空になってます(笑)

「袋しぼり」は山田錦を55%まで精米、酒袋を使い丁寧に絞った生酒です。生酒らしい麹の香りの残ったのみ口のいい酒で、こういう酒には珍しく少し辛口です。HPによると燗をつけても美味しいらしいんですが気づく前に飲んでしまってました(笑)。

「ひやおろし」は春に出来た新酒を蔵で保存しひんやりとした秋になって出荷される酒のことで熟成されるため角が取れた味になるそうです。
この酒もその通り山廃独特のどっしりした少し酸味のある味ですが角のないすんなりとのどを通る酒です。これは冷のあと人肌燗でも飲んでみましたが燗をつけると冷のときの酸味が隠れてもっとすっきりした味わいになります。冷と飲み比べるとより角の取れた味になってるのがよくわかります。

今まで生酒というのは冷で飲むものと思ってたんですが燗をつけるとより美味しくなるというのはとてもいい発見でした。

店では試飲させてもらえるんですが一人で車に乗っていったためあきらめました。次回は奥さん連れて試飲するぞ!(笑)。



posted by かわちゃん at 09:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!この下村酒造店って聞いたことあります。なかなか蔵のかまえも風情があってイイ感じですね!いい所を教えてもらいました。こんど、ぜひ立ち寄ってみますね♪
Posted by いわな太郎 at 2006年10月04日 23:37
いらっしゃい。
伯父が安志にすんでるんで時々寄りますがなかなか美味しいお酒がありますよ。

ただ、今月から日曜は店売りがお休みになるようなんでご注意を。
Posted by かわちゃん at 2006年10月06日 08:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。