2010年02月14日

ショコラ ブルワリー

 きっとバレンタイン向けの限定商品だと思うサントリーの「ショコラブルワリー

  roice.jpg

 ビールとチョコのコラボ、どんな味なのか想像が付かなかったけど結構いいと思う。
 グラスに注いだ色は黒ビールみたいな褐色。黒ビールと違うのは泡にも色が付いてるところ。

 ふわりとカカオの香りがして味もチョコらしいビターな味がする。
 限定でなく定番化してもいいと思う。

 値段が268円もしたんで当然プレミアムビールだと思ってたら発泡酒だった。ROICEの取り分が多いのか?


posted by かわちゃん at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

ZEROとクリア ZERO とクリア

最近「0」を売り物にしたビールの類が増えてきたんでどんなもんだろうと「麒麟ZERO」を飲んでみた。

    zero.jpg

「カロリーオフ」と「糖質ゼロ」を実現しつつ、おいしさも両立」やそうですがこれが「美味しい」のか?
これはノンアルコールビールと同じ味ですわ。麦茶、炭酸で割ったみたいな味です。いや、そう言うと麦茶に失礼か?
カロリー気にしてこんなもの飲むくらいなら水飲むわ。

続いてクリアも飲んでみる
posted by かわちゃん at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

ゴクコクしました

やってきました「ゴクゴクの日」。
天気も良く真夏日になったところもあるようで絶好のゴクゴク日和。
しかも前日が週一の休肝日だったんでいやがうえにも期待が盛り上がるのだ。

何しろ「記念日」やから普段の「その他の雑酒」でなくサントリー「モルトセレクション 英国産ロースト麦芽使用」を奢りました。

      bi-ru.jpg

続きを読む
posted by かわちゃん at 22:09| Comment(4) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

PRIME TIME

       primetime.jpg

酒屋の冷蔵ケースで目に付いたのがアサヒビールの「PRIME TIME
ブルー地に金と言う色合いが今までのビールにないおしゃれなイメージで普段は「その他の雑酒」やのについ買ってしまった(笑)。

コンセプトは「極上の時間と言うプレミアム」「スムース&マイルド」
やそうです。

極上かどうかは解らんけど確かに「スムース&マイルド」。
全然触るところが無くするすると咽に落ちていく。
といって味が薄いというわけでない。コクはしっかりある。

久しぶりにうまいと思った缶ビール。
posted by かわちゃん at 09:27| Comment(4) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

「酵母ナンバー」


 アサヒビールから数量限定で発売された「酵母ナンバー」買ってみました。

     koubonannba-.jpg

原料は麦とホップだけ。酵母の違いによってビールの味はどう変わるのか。


飲み比べてみる
posted by かわちゃん at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

コクとキレ

昔「コクが有るのにキレがいい」と言うCMが有りました。
「コク」と「キレ」の関係ってどうなってるんでしょう。

               bi-ru2.jpg

舌に似せた材質にビールを薄めた物を4分間かけて吸着した物質の量を「コク」、蒸留水に切り替えて30秒後の残留物の減少量を「キレ」として数量化したのが上の表です。

こういう表を見ると自分の好みの傾向がはっきりわかります。
昔よく飲んでたのが「黒ラベル」、今飲んでるのが「スーパーブルー」、とても近い位置にあります。
posted by かわちゃん at 13:55| Comment(3) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビールの苦味

多くの動物は「苦味」を「毒」と判断して避けるといわれています。
類人猿は苦い野草を食べるを食べることもありますが積極的に苦味を味わおうとはしません。

ビールの苦味を「美味い!」と感じるのは人間の特権なんですね。
その苦味を数値化したものが下の表です。

              bi-ru1.jpg

かってはトップシェアを誇ったキリンラガーに比べると最近の「発泡酒」「第三のビール」は半分以下ですね。僕は昔からバドワイザーやチンタオビールなんかの苦味が少ないビールのほうが好きだったんでお安い「ビールもどき」のほうが口に合います。最近は若い層を中心に「苦味離れ」が増えているそうです。
posted by かわちゃん at 13:42| Comment(0) | TrackBack(3) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビールの色


白い泡の下に琥珀色の液体。この見た目もビールの「味」の一部です。
この琥珀色は麦芽を使うために出る色です。

ですから麦芽を使わない「第三のビール」は本来白く濁った液体だそうです。
それでは琥珀色はどういう風にしてつけているのか?
サッポロ「ドラフトワン」、アサヒ「新生」はカラメルで着色されています。

キリン「のどごし生」ではメラノイジンが使われています。
メラノイジンは糖類とアミノ酸の混合溶液で時間がたつとおこる「メイラード反応」
によって生成されるそうです。これは味噌や醤油が熟成する時の反応と同じです。

発泡酒の増税と言う暴挙から生まれた第三のビールには
メーカーの知恵とこだわりが詰まっているのです。
posted by かわちゃん at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。